• 山形県ホームページ
  • 山形市ホームページ
  • 山形市議会
  • 山形市議会 インターネット議会中継
  • 山形市議会報 ダウンロード
  • 公明党
  • YouTube 公明党チャンネル
  • Twitter 公明党
  • Facebook 公明党
  • USTREAM 公明党
  • 公明党青年委員会
  • iWaman アイウーマン
  • 公明党 メールマガジン
  • 公明党 モバイルサイト
  • 東日本大震災 被災者支援
  • さい帯血支援サイト
  • 山形市議会議員 おりはら政信公式サイト

たけだしんせいTwitterモバイルサイトのQRコードです。

トピックス

  • 2014年10月06日
    山形市議会9月定例会にて反対討論を行いました。

    山形市議会9月定例会に、この度の「安全保障法制の整備について」との閣議決定に対して、抗議・撤回を求める議会案・請願が出され、最終日に反対の立場から「討論」しました。
    録画中継が配信されましたので、下記アドレスよりご覧ください。また、「反対討論」の全文は、PDFファイルにてご覧いただけます。

    →インターネット議会中継で配信された録画を観る

    →PDFファイルで「反対討論」の全文を読む(約126kB)

  • 2014年07月07日
    山形市議会6月定例会で、5度目の一般質問を行いました。

    山形市議会6月定例会で、5度目の一般質問を行いました。
    1 子育て世代を応援する施策の導入について
    (1)「子育て応援メール(予防接種お知らせメール・きずなメール)」の配信について
    (2)産後ケアセンターの設置について
    (3)産後ケアにおけるこころの健康について
    2 地方自治法一部改正による中核市への移行について
    3 新地方公会計制度による財政の”見える化”の推進について
    4 市民の命を守るために
    (1)自殺予防対策事業について
    (2)AEDのコンビニへの設置について
    5 地域包括ケアシステム構築へ向けた市民が安心して暮らせる街づくりについて
    (1)高齢者の新しい居場所づくりについて
    (2)認知症対策の導入について
    (3)福祉窓口ワンストップサービスの導入について
    6 子どもたちの安全確保と 健やかな育ちのために
    (1)「子ども安心カード」の導入について
    (2)国道13号線に並行する鈴川3丁目~大野目1丁目の通学路整備について

  • 2013年12月21日
    公明党山形市議団『平成26年度予算編成に関する政策提言』 22項目の実現を訴え、市川市長に提言書を手渡す。

    公明党山形市議団(折原政信団長)はこのほど、『平成26年度予算編成に関する政策提言』を、市川昭男山形市長へ手渡した。政策提言は、“子どもの健やかな育ちと市民の心身の健康を支える”、“ 安全・安心の街づくりを促進”など22項目からなり、平成26年度予算編成に反映するよう求めている。市川昭男山形市長は、しっかりと検証して行きたいとの考えを示し、全項目についての回答を約束した。

  • 2013年09月05日
    6月26日付公明新聞に5月よりスタートした山形市の『24時間健康・医療相談サービス』についての記事が掲載

    6月26日付公明新聞に、5月よりスタートした山形市の『24時間健康・医療相談サービス』についての記事が、掲載されました。 昨年9月定例会の一般質問で導入を提案したもので、予想を上回るご好評をいただいており、全国初の試みとなった119番への転送も5件と、命を守るサービスとなっています。(5月末現在) これからも、安心・安全の施策に取り組んで参ります!

    新聞記事をご覧いただけるPDファイルFを読み込む(約1.6MB)

  • 2012年11月13日
    ドクターヘリの実地訓練の様子を、渡辺孝男参議院議員らとともに視察

    11月15日に就航する、ドクターヘリの実地訓練の様子を、渡辺孝男参議院議員、参議院選挙の予定候補である若松かねしげ元総務副大臣らとともに、配備される山形県立中央病院へ、視察に伺いました。隣接する天童市からの要請との想定で、訓練を実施。受信から出動、到着まで10分。県内全域を30分でカバーします。2002年の参議院予算委員会で、渡辺孝男参議院議員が導入について提案して以来、10年の歳月をかけて、この度の実現となりました。スムーズな運航目指し、県、市町村、そして県民の皆さんとともに、ドクヘリを育てていきたいと思います。

  • 2012年04月18日
    株式会社クリーンシステムさんへ、折原政信議員と共に訪問

    宮城県岩沼市のがれき(災害廃棄物)を受け入れて下さることとなった、山形市内にある株式会社クリーンシステムさんへ、折原政信議員と共に訪問。
    受け入れの手順などをお伺いしました。被災地の隣接県、同じ東北の一員として、復興への一翼を担えることに、同社ならびにご理解いただいた地域住民のみなさんに感謝の思いでいっぱいです。。山形市ならびに同社のHPにて、空間放射線量率ならびに放射性セシウム濃度などの情報がご覧いただけます。 山形県内の放射線に関するお知らせ 株式会社クリーンシステム様

ページトップへ